Monthly Archives: February 2014

2/26 FreshJapan 日本の若手建築家10組

freshjapan'

FreshJapan en FreshLatino2
フレッシュ・ラティーノ2オープニング・イベント
フレッシュ・ジャパン

日時 fecha:
2014/2/26(水)19:00 | mié 26-feb-2014 a las 19h

場所 lugar:
〒102-0085 東京都千代田区六番町2-9
セルバンテス文化センター東京
Instituto Cervantes de Tokio
2-9, Rokubancho, Chiyoda-ku, Tokio 102-0085 Tel (03) 5210-1800

キュレーター comisarios:
アリアドナ・カンティス Ariadna Cantis
アンドレス・ハケ Andrés Jaque

FreshJapanコーディネーター coordinador FreshJapan:
伊藤喜彦 Yoshi Ito

スペイン、ポルトガル、ラテンアメリカから、注目度上昇中の建築家・コレクティヴを紹介するフレッシュ・ラティーノ展。その第二弾が、セルバンテス文化センター東京にやってきます。今回登場するのはスペイン、アルゼンチン、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、ブラジルからの計12組。本企画のオープニングにあわせ、日本建築界の未来を担う10組のデザイナー/コレクティヴをお招きして、そのお仕事ぶりを伺います。日本の現代建築はどこへ向かうのか?
グローバル? ローカル? スペインやイベロアメリカの新潮流とはどんな共通点や差異があるのか?
そんなことを考えさせられる刺戟的な場となりそうです。皆様のご来場をお待ちしています。

聴講のご予約は下記ページから。 http://reservas.palabras.jp/ja/

登壇予定建築家・アトリエ(順不同、敬称略)

Hiroi Ariyama 有山宙 (assistant)

Yuki Hyakuda 百田有希 (onishimaki+hyakudayuki architects)

Hiroyuki Unemori 畝森泰行

Fuminori Nousaku 能作文徳

Mitsuyoshi Miyazaki 宮崎晃吉(hagi studio)

Kentaro Kurihara & Miho Iwatsuki 栗原健太郎, 岩月美穂 (studio velocity)

Javier Villar, Tomoki Yamasaki & Takushi Nakata ハビエール・ビヤール, 山崎智貴, 中田琢史
(happenstance collective)

Jorge Almazán Studiolab (ホルヘ・アルマザン研究室)

Daiki Koga Nakagawa 古賀大起 (Hacocoto inc.)

Koichi Suzuno 鈴野浩一 (TORAFU ARCHITECTS)

Cabrero, Bloque de Viviendas Virgen del Pilar, Madrid

IMG_4487' by yoxito
IMG_4487′, a photo by yoxito on Flickr.

Un ejemplo interesante y aislado de la historia de la vivienda social madrileña. Dúplex, bóveda tabicada… ¿Tarde o temprano? ¿Tradicional o moderno?

マドリッドの社会住宅の歴史のなかでは変わり種、しかし貴重な1940年代の事例。メゾネット形式にレンガタイルの薄版ヴォールト。建築家はカブレーロ。

fresh latino 2 in Tokyo (feb 26)

ラテンアメリカやスペインの注目若手建築家・デザインスタジオを紹介するfresh latinoという展覧会の第2エディションfresh latino 2が近々、番町にあるセルバンテス文化センター東京にて開催されます。

それに伴いまして、2月26日19時より、いまをときめく日本の注目若手建築家を何組かお招きしてご自身のプロジェクトについて解説して頂くことになり、そのお手伝いをしています。

freshlatino2(tokio)上記のリンクのどちらをみても、正直なんだかよくわからないし、フレッシュ・ラティーノが、フレッシュラ ティーノになっているなど細かいところは気になりますが、展覧会自体に登場する顔ぶれはなかなか、いやかなり面白いです。キュレーターはアリアドナ・カンティス。すでに名声を確立した大物ではなく、まだそれほど有名ではないけれど注目に値する建築家やコレクティヴを大勢紹介してきました。

たとえば、私のよく知っているマドリッドからは、建築・都市デザイン・ソーシャルデザインを横断したなんともいえないデザイン活動を展開しているPKMN(パックマン)やTODO POR LA PRAXIS(トド・ポル・ラ・プラクシス)がそれぞれ第一回、第二回に登場。

cs2_PANEL 01_metiendo axos2
PKMNがソルトレイク・シティーのオリンピックに際して提案したFrom Olympic Games to Urban Games

2000年代前半のスペイン建築界は、経済の自由化(1960年代)、民主化(1978年)、バルセロナオリンピック(1992年)といった前段階を踏まえて、高額・大規模なプロジェクトがばんばん進んだものでしたが、そんな建築バブルはリーマンショックとユーロ危機を境に泡と消え、いまは長引く不況に苦しんでいます。
そんな経済危機後のスペインでは、かつてのように黙っていれば仕事になる、コンペに勝てば金に糸目を付けずにメディア受けする奇抜な建築をつくれる、という時代は過去の話になってしまいました。いまのスペインの若手建築家は、どう個人として生き抜くのか、という卑近でパーソナルな現実と、社会全体としてはどのような方向を目指すべきなのか、というより本質的な問題とを、同時並行で考えざるをえない状況におかれています。たくさんの優秀な建築家(だけではないですが)が国外に流出しています。そうした、個人と社会、建築と非建築の問題が、絡み合って境界が溶けてしまっている中で、楽しそうに苦闘している、というのが、こうした若手の建築家からわたしが受ける印象です。

さて、ここからが本題なのですが、この展覧会オープニングにあわせ、セルバンテス文化センターが、何人かの日本の注目若手建築家・コレクティヴを招待してお話を伺うことになり、わたしもそのお手伝いをしています。

現在、候補者のみなさまに参加のお願いをしたりしているところですが、世界に負けない日本の注目株が集まりそうで、楽しみになってきました。

このブログでも、参加者がある程度揃ったところでその告知をしていきたいと思っています。

日本の建築界の未来に興味がある皆様にも、スペイン・ラテンアメリカの都市文化に関心がある方にも、ぜひ2月26日19時、セルバンテス文化センターのオーディトリアムにいらして頂けたらと思います。なお、席に限りがありますので、セルバンテスのHPから予約を推奨。

 

おまけ

ではここで、ここ数日話題になっている、バブル建築の象徴、カラトラバのバレンシア芸術科学都市の使用前・使用後をご覧下さい。

Palau_de_les_Arts_Reina_Sofia_(Ciutat_de_les_Arts_i_de_les_Ciencies_-_Valencia)_(472712279)

使用前(wikipedia)

2014-01-30 23.39.59

使用後(facebook) (news)